Home > ブログ > 目が痛い!どうする?!何とかする!

目が痛い!どうする?!何とかする!

大学病院ではあまりありませんが、診療所で外来をしていると色々な質問をされます。「運動しろって言われたんだけど、どんな運動すればいいんですか?」「他の病院でこんな薬もらったんだけど、あんまり説明してもらえなくて何の薬か分からないんだけど」なんて内科っぽい質問はもちろん、「腰が痛くて困るんだよね」「考え事ばかりしちゃって寝れなくなっちゃいました」・・・この辺は医療がらみだからまだいいか。「今度白内障の手術してもらうんだけど、どうやってするか説明がなくて不安なんです」・・・ちょっと難問(~_~;) 「昨日も旦那とケンカして、もう腹が立って腹が立って!」・・・超難問(^_^;)

 

超難問の解決にはもうちょっと人生経験が必要そうですが、プライマリ・ケア医としては、ちょっと難問ぐらいまでは解決してあげたい!ということで、今回は研修医の先生に知っておいてもらいたい『眼の救急』です。まずは「目が痛い!」で考えるポイント。

  • 角膜疾患では程度の差こそあれ必ずチクチク感、異物感がある
  • 圧痛は強膜炎に特徴的
  • ぶどう膜炎はズキズキとしたうずく感じ
  • 結膜疾患では眼脂を伴うことが多い
  • 眼瞼、眼窩疾患では腫脹を伴う
  • 未矯正の屈折異常や調節機能障害は鈍い痛み
  • 片頭痛や副鼻腔炎などの関連痛は眼の奥がど~んと痛い

 

続いて救急疾患です。眼の救急で最も緊急性が高いのは『網膜中心動脈閉塞症』『アルカリ眼外傷』です。

<網膜中心動脈閉塞症>

  • 突然片目の視力がほぼゼロ(視野全体が真っ暗になるのが特徴)!
  • Af、動脈閉塞、血管炎等の既往を確認
  • 網膜の血流途絶は20分で不可逆性に!
  • 電話なら眼球マッサージやペーパーバッグ法を指示(やらないよりマシ!・・・多分)
  • 酸素吸入、ウロキナーゼ・・・眼科コール!
  • 閃輝性暗点(脳底動脈の血管攣縮)や眼底出血、網膜剥離(発症は急性)との鑑別

<アルカリ眼外傷>

  • アルカリ物質は組織への深達性が強い(熱傷や酸による外傷より極めて予後不良
  • 角膜真っ白!眼瞼開かず!
  • 水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)や生石灰、一部のトイレ用洗剤などが怪しい
  • とにかく洗う!ひたすら洗う!(洗面器で目をパチパチ・・・なんて甘い!水道の蛇口に目を近づけて全力で洗う! )

次に緊急性の高い『急性緑内障発作』『涙小管断裂』『眼窩蜂窩織炎』です。

<涙小管断裂>

  • 涙点→涙小管→涙嚢→鼻涙管→鼻腔の途中で断裂
  • 外傷後(殴られたり犬に咬まれたり)、受傷側の「涙が止まらない!」
  • ERでは手が出ない!急いで手術!

<急性緑内障発作>

  • 急激な眼痛または頭痛、悪心・嘔吐、充血、視力低下、虹輪視
  • 痛みは三叉神経第一枝→眼窩、前頭部、耳、上顎部、歯に放散することも
  • 自分の目で正常な眼圧を確認する(緑内障発作の固さは“ピンポン玉”)
  • 毛様充血(角膜輪部付近の結膜充血)角膜混濁対光反射減弱~消失
  • マンニットール・・・よりもとにかく眼科!

<眼窩蜂窩織炎>

  • 眼瞼が真っ赤に腫れているだけ→眼瞼の蜂窩織炎の可能性
  • 眼球運動障害、対光反射消失、視力低下→眼窩全体への炎症の波及?!
  • さらに奥まで行けば中枢神経感染症や海綿静脈血栓症
  • ブ菌が多く、副鼻腔炎や歯の周囲の感染巣などからの炎症波及が多い

非専門医が軽々しく手を出す疾患ではありませんが、それでも貴方の目の前に突然現れる可能性はあります。頭の片隅(じゃなくてもいいですが)に置いておいて下さいね。

Home > ブログ > 目が痛い!どうする?!何とかする!

メタ情報

Return to page top