Home > ブログ > 大切な質問―「眠れていますか?」

大切な質問―「眠れていますか?」

『眠れないときはヒツジを数える』という風習は全国共通だと思います。管理人が小学校の時、遠足の帰りのバスの中で流されたことがあります。宗教音楽(?)みたいなものをバックに、ものすごく低い男性の声で「ヒツジがいっぴ~き、ヒツジがにひ~き」・・・あまりの不気味さに、20匹目のヒツジの辺りで中止になっていた気がします(^_^;) この方法、もともとはイギリスから入ってきたもので、英語の“sheep”が“sleep”と音感が近いから・・・という単純なもの。もちろん、「ヒツジ」では何の効果もありません。むしろ、日本人にとってあまり馴染みのないヒツジをイメージするのは、それだけで脳が活性化しちゃいます。

 

前置きが長くなりましたが、本日のお題は『不眠』です。なんでも、日本人の平均睡眠時間は470分で、韓国(469分)と並び最短(最長はフランスの530分)なんだそうです。にも関わらず、不眠を訴える割合は20.9%と高くありません。だからこそ、冒頭に示した「眠れていますか?」の質問が大切なんです

 

国際睡眠障害分類第2版では、『不眠症』を以下のように定義しています。

 

A)  睡眠の質や維持に関する訴えがある

B)  訴えは適切な睡眠環境下において生じている

C)  日中の機能障害が認められる(倦怠感 or 不定愁訴,集中力・注意・記憶の障害,社会的機能低下など)

 

つまり、不眠がある=不眠症』ではないんです!簡単に言えば「眠ろうとしているのに眠れず苦痛」「日常の睡眠で休養がとれないと感じる」が『不眠症』なのです。

 

『不眠』とうつ病の関連は、今更言及する必要もないと思いますが、最近では高血圧や糖尿病との関連が言われています。

 

〈不眠と高血圧〉

  • 睡眠時間7~8時間の群に比べ、7時間未満、8時間以上の群で、高い高血圧有病率を認める(U字型現象あり)
  • 高齢者に比べ、中高年における睡眠と高血圧有発症の相関が高い
  • 睡眠の質が低い場合も、血圧上昇の有意なリスク因子となる
  • 睡眠不足で自律神経のバランスが崩れ、交感神経優位な状態にシフトすることが原因?

不眠と高血圧の関係は以下に示すような機序が推測されています。

 

〈不眠と糖尿病〉

  • 短すぎる睡眠は細胞のインスリン感受性を低下させる(たった3晩でも有意差あり!)
  • 睡眠の質が低い人も高血糖になりやすい
  • ただし、直接的な因果関係は不明(高血糖値が睡眠不足で生じるのか、高血糖値の患者がよく眠れないのか、過体重で眠れないのか・・・)
  • 『睡眠の質が悪い=高齢者/肥満患者』にも関連あり?!

 

あと、不眠と加齢との関係も押さえておきましょう。若年層の睡眠効率が90%以上なのに対して、高齢者は80%以下。高齢者は寝床の中で覚醒している時間が長い→眠れないと勘違い?→焦燥感や緊張感が高まり不眠が悪化・・・といったパターンをとりがちです。

 

〈不眠と加齢〉

  • 高齢者の不眠の要因は睡眠調節機能の低下(睡眠時間の短縮+連続性喪失+前倒し)
  • 入眠障害の罹患頻度は一般年齢層と差はないが、中途覚醒・早朝覚醒は著明に増加する
  • 睡眠時間は短縮(約6時間)するが、床上時間は延長(約9時間)する
  • いわゆる不眠症(原発性、精神性)は6割程度で、OSAS、うつ病、アルコール依存、レストレスレッグ症候群、薬剤性などの頻度が高い

 

高血圧や糖尿病のコントロールがイマイチな患者様や高齢の患者様はもちろん、どんな主訴での受診でも、最後に「・・・ところで、最近ちゃんと眠れていますか?」と一言付け加えてみましょう。病態の理解が深まるのはもちろん、患者様との関係も少し深まる・・・かもね(^^; 『「眠れない!」の解決法』に関しては次の機会にお話します。

 

Home > ブログ > 大切な質問―「眠れていますか?」

メタ情報

Return to page top