Home > ブログ > いけ!みんなの夢守るため!

いけ!みんなの夢守るため!

院内のBLS講習会に参加してきました。もちろん以前にも参加したことはありますし、救急外来の場面や院内コードブルー対応などで心肺蘇生は日常的に行っていますので、「まぁ、受けたっていう建前だけでも・・・」なんて軽い気持ちで参加(失礼(>_<))したのですが、改めて聴くとやっぱり勉強になりますね。不順な気持ちで受講してごめんさないm(_ _)m

 

現在のBLSは、もちろんガイドライン2010に準じた物です。今回のガイドラインは、とにかく『一般市民レベル』を重要視した、非常に実用的なものです。色々なポイントがあるのですが、ここでは以前のガイドラインとの変更点のみ記載します。

 

1.“A→B→C”から“C→A→B”へ

今までのガイドラインでは、①反応の確認、応援とAED要請、②気道確保(Airway)、呼吸確認(見て聞いて感じて)、②人工呼吸(Breathing)、③(脈拍触知:医療者のみ)、胸骨圧迫(Compression/Circulation)の“A→B→C”でした。これが、2010のガイドラインでは“C→A→B”になっています。つまり『呼びかけて反応がなく、呼吸をしていない(もしくは死戦期呼吸)なら、直ちに胸骨圧迫!』、分かりやすく言えば「気道確保に手間取って時間を食うなら、さっさと胸骨圧迫を始めなさい」って訳です。

 

2.「見て、聞いて、感じて」の必要なし?!

前回のガイドラインでは「見て、聞いて、感じて」がキーワードのような扱われ方をしていました。新しいガイドラインでは、これさえも「時間がかかるなら止めなさい」としています(慣れた医療従事者におては、この限りでないようです)。ちなみに、日本版のガイドライン2010には、「市民救助者が呼吸の有無を確認するときには気道確保を行う必要はない。その代わりに胸と腹部の動きの観察に集中する。ただし、呼吸の確認に10秒以上かけないようにする」 と書かれています。こっちのほうが分かりやすいかな(゚∀゚)

 

3.より強く!より速く!

胸骨圧迫の手技自体は特に変更ありませんが、「強く、速く」が強調されています。

・成人に対する圧迫の深さは2インチ(5cm)以上とする(約3~5cmから変更)

・圧迫のテンポを100回/分以上とする(約100回/分から変更)

「色々意識して効率が悪くなるぐらいなら、とにかく頑張れ!」といったところでしょうか。

 

4. 乳児にもAEDの使用可

今まではエビデンス不足ということで推奨されていませんでしたが、1歳未満の乳児にもAEDの使用がOKになりました。もちろん小児用パッドの使用が理想ですが、成人用しかないなら成人用を使用することも許容しています。

 

本当にシンプルになりましたね(^-^)

 

さて、今回の講習で最も印象に残っているのが・・・『Stayin’ Alive』Bee Geesの1978年の大ヒット曲で、サタデー・ナイト・フィーバーのテーマ曲としても有名です。このBee Geesはアメリカのバンドと思われがちですが、実際はイギリス出身のボーカルグループで・・・って、そっちの話は置いておいて(^^♪

 

 

この曲のテンポが1分間に103回ということで、AHAでは、一般市民に対して「この曲に乗ってCPRをしよう!」というキャンペーンを行っているようです(しかもタイトルの直訳は『生き続けてる』)。それにしても、この動画は・・・さすがアメリカ(^_^;)

 

 

管理人は決して世代ではないですが、この曲が大好きなので、正直ノリノリでした(^O^)/ただ、日本ではちょっとなぁ~・・・なんて、みなさん考えるんですね。日本ならコレ!

 

 

うぉぉぉ!元気が出てきた!行け!アンパンマンO(≧▽≦)O!

Home > ブログ > いけ!みんなの夢守るため!

メタ情報

Return to page top