Home > ブログ > 介護保険改正から見える“近未来”

介護保険改正から見える“近未来”

少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年一年が先生方にとっても、患者様にとってもよりよい一年になることをお祈りいたします。

 

こんな書き出しで始めましたが、新年一発目の話題はあまりハッピーなものではありません。少しでも臨床経験のある先生はもちろん、ポリクリなどで病棟をまわった方も、病棟に多くの高齢者の方々が入院されていることをご存知かと思います。また、救急外来に連日のように大勢の高齢患者様が搬送されてくることも経験していると思います。高齢者の方々は当然若い方に比べて回復力も低いですし、もともとの臓器コンプライアンスも低いため他疾患を合併する可能性も格段に高くなります。仮に現疾患が治癒したとしても廃用の進行に伴い寝たきり、嚥下困難、褥瘡・・・とにかく、高齢患者様の入院は長期化しやすいです。それにも関わらず急性期病院のベッドがそれなりに回転率を保てているのは、それを支える『地域の介護体制』が(地域差はあるものの)機能しているからです。当たり前ですが、医療は病院だけで成り立っている訳ではないんです。

 

そういった現状に飛び込んできたのが「政府は、2015年4月に予定されている介護報酬の引下げ幅を2.27%で最終調整に入った」というニュースです(日本経済新聞より)。当初言われていた「マイナス6%程度の適正化(=報酬引き下げ)が必要」という大幅な引き下げ率は回避されそうですが、過去最大の下げ幅になった2006年度の2.4%に近い数字です。このような厳しい提示の根拠が、財務省から発表された『介護給付費実態調査(26年4月審査分)』の結果を踏まえた政府の見解で、「介護保険サービス全体の収支差のプラス8%は一般的な中小企業の収支差プラス2.2%と比べて大きすぎる。今後さらに高齢者が増えることが予想されると、介護保険サービスに関連する業者はますます“儲け過ぎ”になってしまう。」というものです。複雑なロジックがあるようで管理人にはよくわかりませんが、介護報酬を1%下げると約1,000億円の節財になると計算されており、利用者負担は70億円軽減されるという計算になるそうです。ただ、一般的な社会認識とはちょっと違う気がしますし、介護施設事業者の方々にとって厳しい数字であることに違いはありません。

 

さらに、この方針と連動して動いているのが「介護職員の月給を12,000円程度上げる」というもの。これ自体、「大変な仕事をしている介護職の方々の待遇改善」といったポジティブなイメージもあります。実際、厚生労働省がまとめた『平成25年賃金構造基本統計調査』によると、ホームヘルパーの平均的な給与月額は約21.8万円で、全産業の平均約32.4万円と比べ10万円以上の差がありますので、こういった方針が打ち出されるのは良い事だと思います。ただ、その結果起こること――おそらく職員の削減や介護サービスの質低下が引き起こされるのは避けられないと思います

 

つまり、国の方針を簡単に言ってしまえば、「介護を事業にしてもいいけど、儲けちゃダメ!」ということです。「介護事業は『性善説』でやりなさい」と言っているようで、違和感を感じます。

 

また、昨年6月に成立した医療・介護総合推進法では、今年から利用者の費用負担について単身者の場合で280万円以上、夫婦で359万円以上の所得のある人は、利用負担が現行の1割から2割に引き上げられることが既に決まっています(65歳以上の高齢者の2割がこの所得枠に当てはまります)。さらに、特別養護老人ホームの入所資格も厳格化され、現在要介護1から入所する資格が要介護3以上に限定されることになります(介護保険については、以前このブログで書いた『介護保険・・・知っていますか?』もご覧下さい)。「じゃあ、お金を払うからもうちょっとサービスしてくれ」なんて意見も、利用者からは当然出てくると思います。でも、それも原則的には出来ないんです。特養を運営する社会福祉法人は非営利が基本で、営利目的で公的保険対象外のサービスは行えません。つまり、要介護1の利用者が「自費でいいから特養に入所させて欲しい」なんてことは出来ないんです。

 

消費税増税もうまくいかない現状では仕方がないところもありますが、介護ニーズが益々増えるこれからの医療情勢において、介護そのものの報酬も減り、負担も上がりとジリ貧の方向に進んでは、介護事業所に新規参入する人も益々減ってしまうことが容易に予測されます。その結果、『介護難民』が増えてしまうのではと、素人の管理人ですら強く危惧してしまいます。

 

こういった状況に対して「『医療』と『介護』を切り離して、ある程度サービスの自由化をする」、「国の介護保険制度以外に、民間の保険会社が主導する介護保険を整備する」といった対策が必要なんじゃ・・・何て素人の管理人は思ってしまいますが、多分色々な問題が起こるんですよね。システムの狭間をついて利益をあげようとする人達もいると思いますし・・・て、こっちは『性悪説』(-_-;)

 

こういった話題は一見地味です。多分研修中はほとんど役にたちませんし、もちろん国家試験にも出ません。でも、非常に重要な問題です。是非こういった話題にもアンテナを張っておいて下さいね(^-^)

 

detail_image

Home > ブログ > 介護保険改正から見える“近未来”

メタ情報

Return to page top