Home > ブログ > 総合診療医のお手軽勉強法(‘◇’)ゞ

総合診療医のお手軽勉強法(‘◇’)ゞ

このブログを書き始めて5年目になります。“5年”という単語は、日本人が忘れることが出来ない未曾有の大災害を思い起こさせます。テレビで流れる当時の映像をみると、今でも胸に突き刺さるような思いがこみ上げてきます。改めて、犠牲になられた方々やご家族に深い哀悼の意を表したいと思います。もしよければ、過去に書いた震災関連の記事も読んでいただければ幸いです。

 

『平成23年3月11日』

 

『事実を知る“義務”―原発後の甲状腺がん』

 

『過去にしないために-震災から4年―』

 

震災の記憶

 

 

今回のブログは短めに。よく、医師と製薬会社さんとの関係についてネガティブに取り上げられることが多いと思います。確かに、世間の風潮からみたら“キナ臭い関係”と思われても仕方がないかもしれません。だって、医療界自体を“悪”として扱っているドラマが溢れていますし、これが一般的な医療界のイメージなんだと思います。同じサイドにいる(と思われている)製薬会社さんも、こういったイメージの煽りをうけて“悪の一味”なんてイメージなんじゃ・・・ってスミマセンm(__)m

 

管理人自身、製薬会社さんとの接し方はよくわかりませんし、正直苦手です。格好つける訳ではなく「製薬会社さんの勧める薬にはどうしてもバイアスがかかるから、それに振り回されることは患者さんの不利益につながる」という、前教授の山中先生の教えが今でも染みついているからだと思います。

 

でも・・・助かるんだよなぁ~。特に総合診療の分野では(^^;) カバーしなければいけない分野が広すぎますので、それぞれの分野の知識をアップデートしていくのが大変です。そんな時、新しいスタディなんかをプレゼンテーションして下さるとすごく助かります。

 

結局、今の管理人の製薬会社さんとの接し方は『薬の説明があった時、そこに出てきたスタディの中で興味深いものを一つだけメモしておいて、後でサラッと読んでみる』というものです。例えば、今回はこんなデータ。

 

冠動脈再発

 

 

心筋梗塞の既往があるのに、イマイチ治療へのアドヒアランスが悪い患者様・・・説明に使えそうでしょ(^-^) この勉強法、結構効率がいいし、長続きしますのでお勧めですよ

Home > ブログ > 総合診療医のお手軽勉強法(‘◇’)ゞ

メタ情報

Return to page top