Home > ブログ > 抗菌薬の“小難しい”話

抗菌薬の“小難しい”話

「先生方もご存知とは思いますが〜」といいながら、『PK/PD理論』の話をされる製薬会社の方がいらっしゃいます。そう、“ご存知じゃなきゃいけない話”なんです。でも、実際どれくらいの先生が“ご存知”なのかと言えば・・・恐らく、“ご存知”な方が少数派なんじゃないでしょうか(管理人も苦手です(-_-;))。でも、「抗菌薬を適切に使用しましょう」と言うからには、最低限はおさえておきたいところです。
 

抗菌薬の効果の指標は『スペクトラム』と『ポテンシー』のみ。“良い抗菌薬”は『スペクトラム』が適切で『ポテンシー』が高く、『組織移行性』が良く『経済性』が高い・・・患者様に最高のアウトカムをもたらすもの.「強い抗菌薬」なんてものは存在しない!
・MIC(minimum inhibitory concentration)は『最小発育濃度』(菌が育てない濃度)でMPC(mutant prevention concentration)は『耐性菌発育阻止濃度』(菌が皆殺しになる濃度).その間がMSW(mutant selection window).
・PK(pharmacokinetics)は吸収、分布、代謝、排泄などによる薬物濃度の時間的変化(=薬物動態)のこと(つまり人間側の問題).感染局所の抗菌薬の濃度のことだが、実際には測れないので、Cmax(最高血中濃度)、AUC(血中濃度曲線下面積)、T1/2(半減期)などで予測する
・PD(pharmacodynamics)は薬力学のこと(つまり薬側の問題).濃度と作用(有効性、副作用)の関係を表す.色々な要素が絡むが、実際はMICのことと思っていい
・『PK/PD理論』とは、「PKとPDの概念を使って耐性菌出現をおさえられるMSWを狙う投与の仕方を導きだそう」という考え方
・時間依存の薬はβラクタム系・・・というよりキノロンとアミノグリコシド以外.MIC以上の血中濃度を長く維持することで殺菌能力が高まる.血中濃度がある程度以上より上昇しても殺菌力は強くならない.投与回数をできるだけ増やし、かつ等間隔で投与すること
・濃度依存の薬(キノロンとアミノグリコシド)は接触する濃度が高いほど殺菌効果が増す.一回の投与量を安全域内で最大に増やし、投与回数を減らすことが有効.1回に大量投与をし、あとはPAE(Post-antibiotic Effect)に任せましょう
・濃度依存の薬はCmax、時間依存の薬はMICを意識して投与しましょう(濃度依存の薬は『投与する時』、時間依存の薬は『薬剤感受性の結果が出た時』が勝負!
・抗菌薬が効いていない時は①スペクトラムから外れた菌(特に緑膿菌や耐性菌)が関与していないか? ②抗菌薬の投与方法(量・回数・時間)が間違っていないか? ③標的臓器に移行の悪い抗菌薬ではないか? ④抗菌薬の届かない場所(前立腺や膿瘍)の感染症ではないか? ⑤薬剤耐性菌が出現していないか? ⑥実は自然経過で説明できるのではないか? ⑦そもそも本当に感染症か?
 

さてさて、ここまでは理論的な話です。
 

青木眞先生の登場以来、日本の感染症診療は大きく変わっています。「やっとまともな感染症診療が始まった」と言っていいかもしれません。本当に素晴らしいことです。ただ・・・思うんです。実際に診療所レベルでこんな“崇高な”理論を実践できるだろうか、って。・・・正直難しいと思います。一般の診療所の現場では『抗菌薬の適応を考えてくれる良い先生』が、受け入れられる土壌はまだありません。もちろんグラム染色をする場所もありませんし、培養検査を提出するなんて“年に一度の大イベント”です。患者様も「いつもの風邪薬セット(含抗菌薬(汗))下さい」と言って来院されます。そういった現場で「いやいや理論的にいったら抗菌薬は意味がないから、今回は出しません」なんて、なかなか言えません。結局、『抗菌薬を出してくれないダメな先生』になってしまい、患者様は他の病院に・・・現実は厳しいんです
 

管理人も診療所で外来をする前は「こんなに無駄な薬投与されたら、培養結果も当てにならないじゃん!」なんて文句を言っていました。恥ずかしい限りです。ただ、今回説明したような最低限の理論を押さえた上で、色々な意味で“患者様にとって最適な投与”が出来れば・・・。今後、『診療所レベルでの“実用的な”感染症診療の考え方』が確立してくれることを願います。・・・っていうか他人任せじゃダメですね、ハイ(^^ゞ
 

Home > ブログ > 抗菌薬の“小難しい”話

メタ情報

Return to page top