Home > 医局概要

医局概要

沿革

1972年医学部開学以来、内科は臓器・病態別に専門化された講座で構成され、高度先進医療を推進してきた。このような中で「内科講座のより良いあり方」について検討を進めてきた内科教授会から、内科全般に亘る横断的な問題に対応できる診療単位を設けて、学生の臨床実習(クリニカル・クラークシップ)や内科初期、後期研修の場として機能させ、専門領域の研修前に基礎となる診療能力の向上を図ることが提案された。2000年7月から医学部将来構想委員会で「一般内科」の設立に向けて検討が始まった。

 

2001年5月21日より3-2病棟に内科混合病棟を設けて、内科8診療科の医師とともに一般内科の診療をスタートさせることができた。その後、内科混合病棟を約100床に拡張し、診療および研修医教育を遂行した。スタッフの拡充とともに単科で診療を行うようになり、現在は、1-9B病棟を主病棟として、さらなる診療体制の充実を図っている。2007年のER開設時には、当科より山中准教授(当時)他、2名の医師を派遣、救急外来での診療・指導に当たり、さらに幅広い疾患への対応を行うようになった。なお、一般市民の間でも「総合診療」の概念が浸透し、従来の科名では患者様の需要に対応できなくなってきたことを受け、2011年度からは科名を「総合診療内科」に変更している。

 

2013年4月、井野教授の退官に伴いER業務を担当していた「総合救急内科」と合併、初診外来、1-9B病棟における一般病棟とともにER、内科系ICUまでの幅広い部門の診療を行う「救急総合内科」として再スタートをきることとなった。

 

当科は「特定の臓器に偏った診療ではなく、患者中心の“全人的”な医療を実践する」という理念に基づき、患者の訴える症状や問題・病気によって差別せずに診療を行っている。問題解決にあたりevidence-basedであることに心掛け、専門医やほかの医療職との連携も良好にして患者にとって最善の診療をめざすことが重要と考えている。外来診療では内科初診外来を担当し、初診患者の初期診療や適切な医療への方向付けを中心に診療を行っている。入院診療では臓器別に細分化された診療科では診療が困難な複数の問題を持つ症例や診断の確定していない症例および“common disease”を中心に診療を行っている。また、近隣の回復期病院や訪問診療所にも人員を派遣することにより、真の意味での総合診療確立を目指している。

 

スタッフ紹介

山中 克郎(教授)

日本内科学会認定医、臨床研修指導医 他

浅井 幹一(連携地域医療学寄附講座教授)

老年医学、高齢者医療、一般内科、高齢者検査値の変動とみかた、高齢者医療と介護保険 他

寺澤 晃彦(准教授・GIM部門チーフ)

一般内科、臨床エビデンス統合、他

三島 亜紀

日本内科学会認定医

安藤 大樹(医局長)

日本内科学会認定医 日本プライマリ・ケア学会認定医・指導医 日本心療内科学会登録医 日本医師会認定産業医 臨床研修指導医

柵木 則男(病棟医長)

日本内科学会認定医、日本医師会認定産業医

犬塚 淳子

日本内科学会認定医 日本プライマリ・ケア学会認定医・指導医 日本医師会認定産業医

平嶋竜太郎

小林 緑

日本医師会認定産業医 日本内科学会認定医

峯澤 奈見子

寺澤 佳洋

日本内科学会認定産業医 日本内科学会認定医

松清 有美香

日本内科学会認定産業医

大杉 泰弘(大学院)

山本 俊輔(連携地域医療学寄附講座)

Home > 医局概要

メタ情報

Return to page top