Home > 患者様へ

どの科で診てもらえばいいかわからない・・・そんな時は『救急総合内科』へ!

もし貴方が頭痛で大学病院を受診しようと思った時、受診するのは内科か、脳神経外科か、それとも神経内科か…。

どの科で診てもらえばよいか、分からないことも多いと思います。まして頭も痛いし、首も痛い、さらには目も痛いなどというふうに症状が重なってしまったら・・・ますます混乱してしまうばかりでしょう。

「内科へ行ったら、すぐに脳神経外科に回された」「内科と整形外科と眼科に申し込んで、結局全部違うと言われた」など、ムダな時間や費用を浪費してしまうことも少なくありません。そんなときに、助けてくれるのが救急総合内科です。

迷ったら・・・

 

総合病院の弱点を埋めている科です

各診療科には、臓器別、病気別に専門医がいて、ハイレベルな治療を受けることができます。

それは非常に素晴らしいことですが、他の病気を診てもらうには、また別の科へ行かなければならないという難点があります。また、各科の分類に当てはまらない患者様も多くいらっしゃいますので、最終的に主科が決まらず、患者様に心理的な負担を強いる場合も多々見受けられます。

けれども、救急総合内科なら、内科系の病気をひろく診ることができますから、病気をいくつか抱えていても、当科だけで診察・治療が済むかもしれません(もちろん、病気の種類や患者様の不利益になる場合は、診られないこともありますのでご理解下さい)。

内科系疾患の『診断屋さん』

我々総合診療医は『内科疾患診断のプロフェッショナル』です(少なくともそうありたいと日々努力しています)。

また、患者様が適切な科で診療を受けられるよう道案内することから、「振り分け屋」と呼ばれることもあります。

症状はあるのにどこが悪いのかよくわからない方、複数の病気をもっている方などを診ることもよくあります。さらに、軽症内科疾患や専門性を必要としない疾患の治療を行うこともあります。『専門科にアクセスしやすい近くのクリニック』と考えていただければイメージし易いのではないでしょうか。

具体的にはどんな病気を診るの?

実際は、以下のような患者様を診させていただいています。

  • 内科系疾患の初診
  • 急性で軽症の病気(かぜ症候群、軽度の腹痛など)
  • 宛先のない(特定の科が指定されていない)紹介状持参の患者様
  • いろいろな病気が複雑に絡み合っている場合
  • 健診で異常が出たがどの科に行けばよいかわからない
  • 他院、他科で診断がつかない

そもそも総合診療とは、その名のとおり「内科系疾患を総合的にみる科」、つまり「特定の臓器や病気にかたよらず、トータルに患者様を診る」ことを心掛けています。その結果、患者様にとって少しでも『幸せ』を感じていただければ、これに勝る喜びはありません。上記のような問題を抱えられている方は、ぜひ一度当科を訪ねてみて下さい。

総合心療内科へ

外来担当表

午前 平嶋竜太郎 寺澤 佳洋 日比野将也
久保 武志
(隔週)
寺澤 晃彦 都築誠一郎 救急内科担当医
松清有美香 竹内 元規 安藤 大樹 犬塚 淳子
柵木 則男
(隔週)
三島 亜紀
峯澤奈見子
(隔週)
救急内科担当医
午後  山中 克郎 浅井 幹一
(再診)
安藤 大樹
(再診)
 安藤 大樹
(再診)

Home > 患者様へ

メタ情報

Return to page top